仕事をしながらどう転職活動をしていけば良いのか?

 札幌WEBプログラミングスクールのプログラミングやシステム開発論、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験取得講座の通信教育、通学制の生徒さんでも現役のプログラマ・WEBデザイナーで転社を考えている方もおられますし、実際に就職活動をされ転社された方もおられます。

 実際のところ、WEBデザイナーは時間的余裕があれば帰宅後転職活動が出来ますが、事務職や営業職などと違いプログラマの場合は退職して就職活動に専念しないと時間的に難しいという面があります。

 特に首都圏と大阪・名古屋以外の場合は面接のオファーが入った時如何に時間を取るかで困難が伴います。
さらにたくさん応募し、複数内定をもらいその中かから選ぶ事が難しくなるのが辛いところです。

 結局札プロの生徒さんでも退職して活動する人が多いです。

 それでは在職中のITエンジニア・プログラマの方は仕事をしながらの転社は無理なのでしょうか?

ITエンジニア専門の転職支援会社を応募のチャンネルとして最大限利用しよう

 東京・神奈川などの首都圏の場合ならヘッドハンティングのような形で優良な非公開案件をエージェントから紹介してもらうようにすれば、その会社の人事採用担当者と面談し、その後条件交渉して折り合えば転社出来ます。

 クライアント企業に営業マンやエージェントが足繁く通って情報収集する事に熱心な転職支援会社もあるので、紹介された企業の情報を聴ける場合も多いでしょう。

 そのためには自分の希望職種に近い支援会社に登録してメールと電話で連絡して、年休を取って1日で複数社のエージェントのカウンセリングを受け顔見知りになる事です。

就職したエンジニア同士の情報交換ネットワークと熱心な企業情報収集のレバテック

 レバテックキャリアは転職先企業で働くエンジニア同士の情報交換ネットワークと、実際に多くのIT企業に出向いて熱心に企業を視察聴き取り調査を行っています。
 
 レバテックを運営している(株)レバレジーズは自社でシステム開発も行っており、現場の仕事をよくわかっていますし、ヒカ☆ラボというIT系の勉強会なども主催しており、teratailというプログラマー専用の質問サイトも運営しています。

 キャリアコンサルタントの丁寧な接客や求人を無理強いしないのど、エージェントの優良さには定評がありあます。余談ですが美人のエージェントが多いとの定評もあります。(笑)

 

ITエンジニア、ゲームクリエイター、プログラマの転職支援に定評のワークポート

 

 レバテックはWEB系の求人に強いですが、エンジニアの方はワークポートもお勧めです。

 ワークポートは未経験でも登録して支援をしてもらえますが、プログラミングもWEBデザインも未経験の場合の採用はほぼ絶対無いので(本当です)札幌WEBプログラミングスクールで学び資格も取得してからの方が良いと思います。

カウンセリングの時に感触が良くなくても気にせずその後連絡を取っていって下さい。

 思わず優良な案件のオファーを受ける事も多いです。

大切な事はエージェントも人間であり、義理と人情を持っている事を踏まえておくことです。

やはり、熱心で気持のいいコミュニケーションをする人を優遇したいと思うのが人情というものではないでしょうか>