当サイトを主催している札幌WEBプログラミングスクールでは卒業間近の生徒さんが数名札幌と首都圏で就職活動をしています。

 やはり膨大なプログラマ・SEの求人の中から登録者にすばやく紹介出来る求人を素早く紹介しくれ内定をもらいやすのがITエンジニアの転職支援企業を利用した場合です。

 代表的な企業としては当サイトで紹介しているレバテックキャリア、ワークポート、マイナビエージェントIT、ジョブセンスリンクがあります。

これらの企業に登録して皆さん就職活動をされています。

中小企業をたくさん紹介してくれるワークポート、大企業の紹介に熱心なジョブセンスリンク

 この中で未経験者・初心者の登録と言われるワークポートは札幌WEBプログラミングスクールの生徒さんに最も頼りとなる企業です。
札プロでの通学、通信での学習や基本情報技術者試験・応用情報技術者試験、サーティファイJava・C言語プログラミング能力認定試験2級・3級の取得も非常に高く評価してくれています。

 
 紹介先の会社は規模の小さい会社や伸び盛りのベンチャー企業が多く首都圏での求人を登録して電話連絡するとほぼ即日で複数の求人を紹介してくれ企業面接の設定もすぐにしてくれます。
 早ければ2週間以内の1次面接、最終面接まで進み内定をもらえます。

 ワークポートは首都圏と大阪、福岡での就職希望者のみが対象です。

 ◆一方大企業への応募を熱心に応援してくれるのがジョブセンスリンクでこちらは札幌などの地方都市での就職希望者も対象としており、例えばIBMソリューションサービスなどへの紹介も積極的で、登録した応募書類を有利になるよう書き換えて送ってくれたりしています。

腕に覚えのある現役プログラマ・SEを対象にするレバテックキャリア

 
 レバテックキャリアは首都圏での就職希望者が対象です。ワ

 生徒さんからの情報から分かった事はレバテッックキャリアは首都圏の現役の腕に覚えのある、企業からの強い引きのあるヘッドハンティングされそうなプログラマ・SEを対象にしているようです。

 ですから、プログラミングスクールに通って未経験という場合や初心者は「紹介出来る求人がありません」と断って来るようです。

スタンスとして高額年収のサラリーマンの転職を支援するビズリーチさんに似ていると言えなくもありません。

ネット広告にお金を掛け、高額年収の方の転職を支援することで出来るだけ高額の手数料を取るビジネスモデルと言えるでしょう。

 以上、就職活動をされている生徒さんからの情報をフィードバックしてお話させていただきました。