人材紹介会社のキャリアカウンセラが自分の就職で鬱状態に

 キャリアカウンセラ佐々木一美さんのブログに、リストラに会い就職先を探すのに精神の不調を来してしまったある人材紹介会社の48歳の女性のキャリアカウンセラからの就職成功の手紙が紹介されています。
 在職中この方は、40歳以上のお問合せの方に「40歳以上の方へご紹介できる求人はありません」と片っ端からずっと断っていたようです。

 ところが突然リストラされ、1日にして自分が冷たくあしらっていた登録者と同じ境遇になってしまったのです。

 今で言えば難民の流入を避けるために阻止していた警備員が一夜にして難民になってしまったようなものです。

 40歳以上の人に「就職は絶対無い」と言い続け、しかも40歳以上の求人案件も勤務していた会社には1件も無かった事もあり、一般の人以上に「この歳では私には就職は無い・・・・・」と思い込み半年間鬱状態で家に閉じこもってしまったそうです。

 以前もお話した通り人材派遣会社のキャリアカウンセラといってもこの方のように実は中高年への就職支援方法などまずほとんど知らないのですね。
 この事については以前の投稿記事でお話したところです。
 特に「行きたい企業の企業研究を十分にして、狙いを定め手書きの渾身の応募書類を送るべきです」と言った大手人材派遣会社のキャリアカウンセラがいましたがとんでもない話です。

 応募数が極端に少なくなり1社落とされる度にショックが大きく過度の精神面の衝撃・ストレス本当に鬱病などのなってしまう可能性もあります。

 ですから中高年の方は、ぜひ札幌WEBプログラミングスクールの転職支援サービスをご利用下さい。