出来るだけ多くの転職サイトに登録しエージェンンに会うのが基本

 転職サイトの評判とランキングについてお話するにあたって、当サイトのスタンスとして一貫して変わらない『短期決戦、大量応募』について再び語らなくてはならないと思います。

 『転職活動・就職活動とは営業活動である』という考えから、営業マンが1社でも多く訪問し、DMを送る方が効果的なのは言うまでもありません。

 要は掛かる費用との妥協点をどこに置くか?という話になります。しかし、就職・転職活動は書類の郵送でも掛かる切手代はそれほどの額にはなりません。

 ですから一つでも多くの求人の応募するためには、また一つでも多くのスカウトを受けるためには転職サイトへもできるだけ多く登録する事が大切です。

 IT専門の転職サイト以外にも登録すべきか?と言えば答はもちろんYESです。

@NEXTやリクナビでスカウト数トップを争うのは若手ITエンジニア

 実際に札プロの生徒さんが就職活動を始めて転職サイトに応募すると地方都市札幌でも多くのスカウトが送られて来ます。
 正直なところをお話すればリクナビネクストさんはスカウトが良く来ます。

 実は調べてみるとすぐに分かりますが、@NEXTやリクナビでスカウト数トップを争うのは若手ITエンジニアです。
 これは当然で有効求人倍率が圧倒的に高いのですから。
 優秀なエンジニアの奪い合いをしている訳ですから。
 
 スカウトだけでなく、札幌でも大手IT関連企業の求人がけっこうサイトに載っているので、サイトから応募するとかなりの確率で面接オファーが来ます。

 当然ながら首都圏であればはるかに多いスカウトと面接オファーが来ます。

 ランキングという事で言えばこちらのサイトの業者がベスト3をピックアップしていると言って良いと思います。

 もう一度繰り返しますが「就職は量」です。

 走りながら工夫していくことで質が高まって行きます。

 転職サイトは9社、10社登録は当たり前です。
これは私の経験から言える本当に本当の事です。