人間関係や年収、将来性について約80%の方が転職で満足されています

 マネジメントを発明した男と言われる有名な経営学者p・ドラッガーは「最初に就職した職場が本人に合う確率は非常に小さく、大抵は3社目で合った職場に出会い落ち着ける」と言っています。

 しかし、農耕社会で封建制度が長く会社勤めも『社長の元で有り難く働かせていただく』という意識が強く、日本では最初の職場を退職した人間は、スキルや経歴で需要の多いエリートでない限り著しく不利をこうむる事が昔ほどでは無いにせよ未だに根強いと言えるでしょう。

ITエンジニア・WEBデザイナーは就社では無く就職である

 ITエンジニア・WEBデザイナーは最も流動性が高い職種の一つとして知られています。
現状での給与に不満を持つプログラマ・SEやWEBデザイナーは多く、スキルアップしたら転職活動をして好待遇の会社に変わりたい。
 またはフリーエンジニア、フリーランスとして独立したいという方が多いです。

 年収面だけでなく、今の仕事にやりがいを持てない。会社の経営陣の力量や長期戦略の無さに不満でもっと意欲的に安心して働ける会社に転社したいと考えている人が非常に多く、実はこれが転社理由の1位です。

 ★転社してどれぐらいの方が成功したと感じているのかというとリクルートエージェントの調査委では収入・やりがい・人間関係などの重要な指標でも80%越えの人が満足している。成功したと考えています。

 例えば土日の休日が取れるようになって時間的余裕が得られるようになった。などです。

 皆さんも是非積極的に情報収集も兼ねて、IT専門転職支援企業に登録してエージェントのカウンセリングを受けてみませんか?